青年は一人遊びを寂しく

たとえば、地球に初めて来た宇宙人に「チャーハン」を説明するなら、どんなふうに説明する?「ビール」の特徴とか、ううん、そもそも地球ののことから説明始めるかもしれないね。

TOP PAGE

ひんやりした仏滅の昼はこっそりと

知佳子はAさんが大好きなのだろう。
Aさんも知佳子の事を大事にしている。
彼が出張に行くときは、知佳子もついて行くし、つい最近は私も一泊だけ同行した。
知佳子もAさんも私の事を同じ呼び方で呼ぶし、何かをするときは、とりあえず、私に問いかけてくれる。
なんだか気にかけてくれている感じがしてとっても雰囲気が良いと思った。

具合悪そうに口笛を吹くあの人と観光地
北方さんの水滸伝の人間くさく雄々しい登場人物が、原作の水滸伝の108人になぞらえて、主なキャラクターが108人でてくるが、敵方、政府側のキャラクターも人間味あふれているのがいて、血が通っていると感じる。
人物に現実の人の様なもろさが見えるのも重ねて、魅了されていた理由だ。
心が弱いなりに自分の目標とか将来の為になるべく腐心しているのが読んでいて心ひかれる。
読みとおしていて楽しい。
けれど、ひきつけられる登場人物が悲しい目にあったり、夢がやぶれていく話も胸にひびくものがあるからひきつけられる物語だ。

ゆったりと叫ぶ彼女と草原

time is moneyとは、見事なセンテンスで、ぼーっとしていると、本当にあっという間に自由な時間が無くなる。
もーっと、素早く勉強も提出物も終われば、これ以外の事の方に必要な時間を回すことが出来るのに。
しいて言えば、ジムに行ったり、自炊したり、文庫本を読んだり。
そう思ったので、近頃はしゃきしゃきこなそうと心がけているが、何日達成できるのか。

雨が上がった土曜の早朝に椅子に座る
オフィスで働いていたころ、会社を退職するきっかけがやってこなかった。
かなり辞職したかった訳ではないから。
働く気持ちがないのかもしれない。
面倒くさくなって、その日、はっきりと辞めると口にした。
そんな日に限って、いつもは少しばかり仕事が細かいと思っていたKさんが、話しかけてきた。
話している中で、自分の気持ちを知る余地もないKさんが「この会社、大変だけど、だけど君はもうちょい続くよ」と言ってきた。
Kさんに助けられて、悲しくなった。
これも何かのきっかけだと思い、その日の帰りに、会社に辞職を撤回してもらった。

蒸し暑い週末の夕方はお酒を

本日の体育はポートボールだった。
少年は、ポートボールは得意ではなかったので、不満げに体操服を着ていた。
きっと今日は、運動神経バツグンのケンイチ君ばかり活躍するのだろう。
今日はきっと、運動神経抜群のケンイチ君ばかり活躍するだろう。
そうなると、少年憧れのフーコちゃんは、ケンイチ君のすごい所を見ることになるのだろう。
少年は「あーあ」とこぼしながら、運動場へ歩いていった。
だけどフーコちゃんは、ケンイチ君じゃなく、少年のほうをチラチラ見てたことを、少年は気付かなかった。

笑顔で歌う姉妹と読みかけの本
とある難しい業務がやってきたとき「なんとかなる」などと思っていた社会人になりたての自分。
当時の自分を含む新米のみんなが「過ぎてしまったら大したことないよ」などと不真面目に取り組んでいた。
そしたら指導担当の女性が言ったセリフが今でも記憶に残っている。
「目的のために十分に日々を過ごしたからこそ、終わってから成功するだけの話。
それ故に、みんなのように楽観的にとらえていて、運よく仕事が大したことなかったという意味は含まれていません。
過ぎれば簡単だったといった裏の意味は、真逆です。
事前にしっかり勉強し準備をしたからこそ、能力が業務内容を越えて、内容がスムーズに進んだという事を言っています。
真面目にやる気になれましたか?
なめてないで早く取り組んでください。」
という事だった。
この言葉があってから、私は頑張って勉強しなんとか仕事をすることができた。

のめり込んで大声を出す兄さんと月夜

何年か前の暑い時期、ガンガン冷やした部屋の中で冷えた飲み物ばかり摂取していた。
私は夏は熱中症にかかっていたので、水分を取り入れることが必要だと思ったからだ。
クーラーの効いた部屋で、薄着、その上炭酸飲料にアイスコーヒーとか。
だから、健康だと感じていた夏。
夏が終わり、やってきた冬の時期、前年度よりもかなり震えを感じることが多くなった。
外に出る仕事がしょっちゅうだったこともあるが、体が冷えすぎて買い物にすら出れないという状態。
なので、きっと、真夏の生活習慣は冬の冷えにもつながると考えられる。
じゅうぶんにn栄養を取り、偏りの少ない過ごし方をするのがベストだと思う。

涼しい月曜の明け方に歩いてみる
今よりも凄く太っていた時期に、どうしても欠かせなかったのが、シュガートーストだ。
酷い時は、夜ごはんの後に2枚以上食べた時期もあった。
最悪なことに並行して、ハッシュドポテトにまで取りつかれてしまい肥満の世界へワープだった私。
トライしたダイエット方法が変わったものばかりだ。
例えば、スープダイエット。
これは2週間程同じ材料で作られたスープだけで生きるダイエットだ。
仕事場にまで水筒に入れて持ち運んだという徹底さ。
スープダイエットに断念して、葱を夜ごはんに置き換えるというダイエット。
どれも、今はできない。
その後、2年ほどで食事を気にするようになると、するすると半分くらいに。
なんでも時間をかけてやるのがベスト。

息もつかさずダンスする妹と季節はずれの雪

冷え性にかかってからは、少々しんどいけれど、やはり寒い季節がいとおしい。
部屋の空気が乾燥しているので、カラッとした香り、その上布団の温かさ。
真冬の太陽って贅沢な気分にしてくれるし、一眼を持って行った、早朝の海岸もきれい。
その時は、良いカメラもOKだけれどトイカメで思う存分シャッターに収めるのが絶対かっこいいSHOTが見つかる。

凍えそうな日曜の晩は読書を
割と大きなショッピングセンターで食料品を探していた。
冷食cornerフライドポテトをさがしていた。
物色していたら、韓国語で書いてある箱を探し出した。
良く見ると、トッポギだった。
この夏、釜山へ向かった時に、何度も韓国まで旅行している友達に教えてもらったのがトッポギ。
ここ日本で冷食になって、トッポギが発売されてるなんて、感動ものだった。

任意整理の相談をする
借金返済の手段、任意整理の無料相談。信頼できるプロの弁護士・司法書士が、無料で相談にのってくれます。
Copyright (C) 2015 青年は一人遊びを寂しく All Rights Reserved.

TOP
PAGE